bernhard willhelmのアウトレット、セール・バーゲン情報と、みんなのクチコミをご紹介

ようこそゲストさん|新規メンバー登録ログイン

みんなの評価

これらのクチコミはユーザー様の体験・経験に基づく主観的なご意見・ご感想です。そのため、あくまでも、ひとつの参考情報としてご活用ください。

    • 好 感 度
      評価 評価 評価 評価 評価
    • 知 名 度
      評価 評価 評価 評価 評価
    • 自 慢 度
      評価 評価 評価 評価 評価
    • 個 性 度
      評価 評価 評価 評価 評価
    • 注 目 度
      評価 評価 評価 評価 評価

bernhard willhelmの紹介

アントワープ王立美術アカデミー出身のデザイナーbernhard willhelm(ベルンハルト・ウィルヘルム)が手掛けるファッションブランド。
bernhard willhelm(ベルンハルト・ウィルヘルム)のデザインの特徴はヒップ・ポップとストリートカルチャーを取り入れていること。基本的には「楽しそうなことは何でも自身のコレクションに加えていこう」というスタンスで、アメフト、ミリタリー系、アフリカンエスニック系)、とび職人等をテーマに、そこに刺繍やプリント等を加えていきます。遊び心に富んだポップな絵柄、愛らしいモチーフの裏側に垣間見るダークな意図。アシンメトリーなパターンやボリューム感で変化をつけ、大人が着るメルヘンチックを表現。いわゆるアントワープ系の成長株として注目され、デザイナー自らの世界観について「デザインするときは、どこで生まれ育ったかが重要。その要素が服をさらにパーソナルなモノにするから。僕の育った地域は山があり谷があり、また山があり谷があるといった所。それぞれの村のコスチュームは素晴らしいんだ。まるで宇宙から来たみたいに。」と語っている。
bernhard willhelm(ベルンハルト・ウィルヘルム)は、大学で産業工学をび、卒業後、トーリアのカレッジでファッションを学びました。その後、22歳でアントワープ王立美術アカデミーに入学。夏季休暇を使用し、アレキサンダー・マックイーンやヴィヴィアン・ウエストウッド、ダーク・ビッケンバーグ、ウォルター・ヴァン・べイレンドンク等、多くのデザイナーの下で経験を積みました。98年、ファッション科を主席で卒業。 アントワープにオフィスを構え、1999S/Sパリコレクションにデビュー。1999-2000 A/Wより、セカンドラインのジャーマニー(Germany)を開始。2001年、モエ・エ・シャンドン賞を受賞。
2003年A/Wからイタリアのオートクチュールデザイナーのロベルト・カプッチのプレタポルテライン「カプッチ(Capucci)」の主任デザイナーを務めています。

bernhard willhelmのクチコミ

これらのクチコミはユーザー様の体験・経験に基づく主観的なご意見・ご感想です。
そのため、あくまでも、ひとつの参考情報としてご活用ください。

クチコミを投稿する

  • 全体評価
    評価評価評価評価評価4
    好 感 度
    評価 評価 評価 評価 評価
    知 名 度
    評価 評価 評価 評価 評価
    自 慢 度
    評価 評価 評価 評価 評価
    個 性 度
    評価 評価 評価 評価 評価
    注 目 度
    評価 評価 評価 評価 評価
    マイイメージ

    quitさん
    性別:女性
    年代:40代後半
    住所:東京都

    参考になった(0)

    コメント(0)

    投稿日:2012年5月6日(日) 17:10

    レディースしか知りませんが、最初は前衛的なアートっぽい服なのかとおもったら、ロックな服なようです。着こなせる人は少ないのは言うまでもなく、共感できるか、という点でも難しいです。個人的に購入したのは、パッチワーク風のプリントのショルダーです。柔らかいし軽いし、デニムとよく合うので重宝なのが意外です。

    0票

このブランドへのクチコミ一覧を見る

bernhard willhelmへの質問

教えて!Q&Aは、質問と回答をユーザー様同士でやり取り出来る場です。
知りたいことがある方は質問、経験や知識をお持ちの方は回答をお寄せください。

質問を投稿する

このブランドへの質問はまだありません。

ショップ一覧を見る

※このブランド関係者の方へ

現在表記されている情報が、実際の情報と差異がありましたら、大変お手数お掛けしますが、関係者専用お問い合わせよりご連絡お願い致します。

おすすめコンテンツ
全国のアウトレットモール一覧

ページの先頭へ戻る