全国のアウトレットモールのイベント・セール・最新情報が満載
Francfranc クッション

フランフランのクッションカバーでかわいいが叶う!冬用ふわもこカバー9選

2021.07.17

Twitter Facebook Pocket Bhatena

「お部屋の雰囲気を変えたい」「季節に合わせたコーディネートがしたい」そんなとき、手始めに目を向けたいのがクッションカバーです。

クッションカバーはお手頃価格で、種類が豊富。
大きな家具を買い替えたり模様替えしたりは大変でも、クッションカバーを付け替えるだけなら簡単にできますよね。

当記事では、おしゃれなインテリア雑貨がそろうブランド「Francfranc(フランフラン)」のクッションカバーを紹介しています。
お部屋のイメチェンの参考にしてみてください!

フランフランにはクッションカバーがたくさん

フランフラン_クッションカバー

フランフランには、非常にたくさんのクッションカバーがそろっています。
執筆時、フランフランの公式オンラインショップでクッションカバーを検索したところ、180件ほどがヒットしました。

フランフランで扱う商品に共通する特徴は「女性に好まれるデザインが多い」という点。
もちろんクッションカバーにも同様のことがいえます。
ズラリと並んでいるクッションカバーを眺めているだけでも楽しいですよ。

またベッドやドレッサーといった大型家具に比べて、クッションやクッションカバーはインテリア雑貨としてはサイズが小さいため、“遊び”のあるデザインが多いのも特徴。
シンプルなものもある反面、かなり個性的な柄や変わった素材感のものまで、バリエーションが豊富なんです。
このあたりも、フランフランのクッションカバーを選ぶ醍醐味といえるでしょう。

とにかく種類が多いので、シーズンや気分に合わせていくつもカバーを買いそろえたい人にもおすすめ!

クッションカバーの役割

Francfranc クッション

なんとなく使用しているクッションカバーですが、実はいくつもの役割があるんです。
ここでは、クッションカバーの役割をまとめました。

お部屋のコーディネートとして

カバーをかける前のヌードクッションは、無地のものが多いですよね。
そこにカバーをかけることで、手軽にお部屋のコーディネートができます。

ポップな印象にしたければ黄色やオレンジなどの明るい色合いのカバー、逆に落ち着いたリゾート風にしたければ落ち着いたブルーやグリーン、ブラウンなどが◎。
お手頃価格で購入できるので、気分に合わせて気軽にコーディネートを楽しめるのが魅力です。

触り心地、質感を変化させる

カバーに使われる生地にもバリエーションがあります。

夏ならさらっとした天然素材や、ひんやり触感の生地。
冬ならファーやニットなど、ほっこり暖かく過ごせる生地が良いですよね。

枕代わりにしたり、もたれかかったり、肌に直接触れることが多いクッションなので触り心地はとても重要。
季節が巡れば衣替えをするように、クッションカバーもシーズンに合わせて付け替えるのが良いでしょう。

クッションの保護

クッションカバーには、クッションそのものを保護する役割も。
カバーをかけておくことで汚れや生地が傷むのを防ぎ、クッションを長持ちさせてくれますよ。

【2021年】フランフランで販売しているクッションカバーをカラー別に紹介

フランフラン_クッションカバー

それでは、フランフランで販売しているクッションカバーを紹介していきます。
カラー別に挙げているので、なりたいお部屋のイメージと照らし合わせて見てくださいね♪

モノトーン系【白、グレーなど】

どんな部屋にも馴染む、モノトーン系のクッションカバーはこちらです。

EMB オーナメント クッションカバー 450×450 (H-059)

EMB オーナメント クッションカバー 450×450 (H-059)

「EMB オーナメント クッションカバー 450×450 (H-059)」は、真っ白な生地にアイボリー色の糸で大きなエンブレムを刺繍した豪華なデザインのクッションカバーです。

ふわふわのファーの手触りが気持ちよく、ずっと触っていたくなります♡

【サイズ】
W450×D450㎜

【価格】
2,000円

出典:楽天

ベルベット キルト クッションカバー 450×450 (A-100)

ベルベット キルト クッションカバー 450×450 (A-100)

ステッチ線で旗模様を交互に描いたシンプルなデザインのクッションカバーです。
温かみが感じられ、コーディネイトしやすい色・柄が特徴です。

ボリューム感があるので、ややゴージャスな雰囲気にGOOD!

【サイズ】
W450×D450㎜

【価格】
3,500円

出典:楽天

クッションカバー 450×450 ホワイト(20SS-005)

クッションカバー 450×450 ホワイト

「クッションカバー 450×450 ホワイト(20SS-005)」は、たっぷりとしたフリルがかわいい♡
フェミニンテイスト満載のクッションカバーです。

ピンク、ライトブルー、ホワイトの3色展開なので、お部屋の雰囲気に合わせて選んでみて♪

【サイズ】
W450×D450㎜

【価格】
3,500円

出典:楽天

カラフル系【ピンク、ブルーなど】

つづいて、カラフル系のフランフランクッションカバーを紹介します。
部屋のポイントカラーに映えますね。

ツイード×ファー クッションカバー 450×450 ホワイト×ライトピンク(002)

ツイード×ファー クッションカバー

周囲のファーの気持ち良い手触りと、ツイード生地が思いっきり秋冬感を演出するデザインの「ツイード×ファー クッションカバー 450×450 ホワイト×ライトピンク (002)」。

ツイード生地にはスパンコールが縫い付けられていて、キュートな中に華やかなゴージャス感も楽しめます。

【サイズ】
W450×D450㎜

【価格】
3,500円

出典:楽天

コットンソリッド クッションカバー 450×450 (X-134)

コットンソリッド クッションカバー 450×450 (X-134)

こちらは目の覚めるような色鮮やかなクッションカバーです。

ぐるりとあしらった真っ白なパイピングとのコントラストがポップな印象をより一層高めます。

【サイズ】
W450×D450㎜

【価格】
1,400円

出典:楽天

FF クッションカバー 450×450 (AP-070)

FF クッションカバー 450×450 (AP-070)

「FF クッションカバー 450×450 (AP-070)」は、明るい黄色があたたかみのあるクッションカバーです。

たくさんのフリルを施した華やかなデザインとなっています。

明るい黄色はお部屋のアクセントにおすすめです。

【サイズ】
W450×D450㎜

【価格】
2,101円

出典:楽天

柄物系

最後は柄物系のフランフランおすすめクッションカバーの紹介です。

タフトフラワー クッションカバー 450×450 ピンク×イエロー(141)

タフトフラワー クッションカバー

「タフトフラワー クッションカバー 450×450 ピンク×イエロー(141)」は、まるで雪の中に咲くお花が表面いっぱいに描かれたような、存在感たっぷりのクッションカバー。

毛足の短い毛糸がふわふわと暖かく、秋冬の時期はずっと抱きしめていたくなりますね。

裏面は麻のような肌触りの生地になっており、素材感のコントラストも楽しんで♪

【サイズ】
W450×D450㎜

【価格】
5,000円

出典:楽天

ベルベットフラワー クッションカバー 450×450(A-069)

ベルベットフラワー クッションカバー 450×450(A-069)

こちらは秋冬らしい色使いで、大胆に描かれた大きなお花が目を引くクッションカバー。

表面はコットン100%なので、ふわふわと肌に優しい触り心地が特徴です。

【サイズ】
W450×D450㎜

【価格】
3,000円

出典:楽天

モヘアチェック クッションカバー 450×450 オレンジ×ネイビー(147)

 クッションカバー 450×450(20SS-140)

イタリアンストライプに黒を混ぜ、爽やかながらも重厚感のあるモダンスタイルのクッションカバーです。

滑らかな生地に、ふんわりとしたやさしいフォルムがかわいいアイテム♡

お手頃な価格なところも魅力です。

【サイズ】
W450×D450㎜

【価格】
2,500円

出典:楽天

クッションカバーを洗う頻度は?

ランドリー

マイナビウーマンが2014年に行ったアンケートによると、クッションカバーの洗濯頻度は以下の通りでした。

【第1位】
半年に1回以上……27.1%

【第2位】
月に1回以上……15.4%

【第3位】
半年に3回以上……15.1%

最も多かったのが「半年に1回程度」という意見だったことから、夏物と冬物を入れ替えるタイミングで洗う人が多いようです。

出典:マイナビウーマン|このクッションカバー、洗ったのっていつ? ドン引きされない洗濯頻度は?

フランフランのクッションカバーのお手入れ方法

洗濯マーク

半年に1度にしろ、月に1度にしろ、直接肌に触れる機会が多いクッションカバーだから、お手入れの方法はしっかりとおさえておきたいですよね。

フランフランのクッションカバーを見てみると、「ドライクリーニング可」となっているものが多いようです。
フリルが使われていたり、表面に特殊な加工が施されていたりしてドライクリーニングにも対応していないカバーは、「汚れた場合は、固く絞った布などで軽く拭き取る」とのこと。
なお、「水洗いマーク」のついているものは中性洗剤・洗濯ネットを使って自宅でも洗濯ができますよ。
ただし、キュプラ、シルク、カシミア、革などの素材は自宅での洗濯に向いていませんので注意してください。

洗濯やクリーニングに対応していないカバーを無理に洗うと縮んだり、見た目が変化してしまう可能性があります。
お気に入りのクッションカバーをダメにしてしまわないよう、注意書きはしっかり確認してからお手入れしましょう。

アウトレットならお得に手に入る可能性も

Francfranc BAZAR

先述しましたが、フランフランには非常にたくさんのクッションカバーがあります。

「どれを部屋にお迎えしようかな…」と考えたとき、やっぱり気になるのは「この色、部屋に馴染むかな?」「思った通りのサイズ感じゃなかったどうしよう」といったことではないでしょうか?

家具やインテリアアイテムは部屋の印象をがらりと変えてしまうもの。
「だからこそ実物を手に取って見て、確かめてから購入したい!」という思いもありますよね。

アウトレットなら、通常店舗や公式通販サイトでセールが行われている時、同じくらいの低価格で商品を購入できます。

もし気に入る商品をアウトレットで見つけたら、超ラッキー!
宝探し感覚で楽しむのも良いですよ♪

フランフランの家具や雑貨をアウトレットでお得に買うためのコツは、下記の記事で詳しくまとめているので、合わせてチェックしてみてくださいね!

年間を通してセールを開催しているので、お近くのアウトレットモールに足を運んでみましょう。

まとめ

フランフランで取り扱う、さまざまなクッションカバーを紹介しました。
気に入ったものはありましたか?

クッションカバーを使えば手軽にお部屋のコーディネートが叶うので、ぜひ自分の目指したいお部屋のイメージを膨らませながら選んでみてください。

この記事ではクッションカバーに絞って紹介しましたが、フランフランのクッションについてまとめた記事もあります。

カバーをかけて使うシンプルなクッションをはじめ、フランフランらしさ溢れるキュートなクッションを多数紹介しています。
こちらの記事もあわせて読んでみてくださいね。

※2021年07月17日現在の情報です。内容は変更になる場合があります。