全国のアウトレットモールのイベント・セール・最新情報が満載

三井アウトレットパーク北陸小矢部でおすすめのランチ21選!

2021.03.26

Twitter Facebook Pocket Bhatena

三井アウトレットパーク北陸小矢部は富山県西部の小矢部市にあり、お隣の石川県金沢市からもアクセスしやすいのが特徴です。

広い駐車場も用意されているので、車でのアクセスもラクラクです。

敷地内には観覧車のNANAIRO WHEEL(ナナイロホイール)があり、小さな子ども連れのファミリーやカップルにも人気です。

そんな注目の三井アウトレットパーク北陸小矢部を訪ねるなら、ランチもおいしいものが食べたいですよね。

この記事では、三井アウトレットパーク北陸小矢部やその周辺のおすすめランチスポットをテーマ別に分かりやすくまとめました。

三井アウトレットパーク北陸小矢部内のファミリーにおすすめのランチ

三井アウトレットパーク北陸小矢部にはレストランのほかにフードコートがあり、家族でおしゃべりしながら楽しむのにうってつけ!

まずは家族みんなで楽しめるグルメをご紹介しましょう。

洋食屋RYO

「洋食屋RYO」は、30年以上の歴史をもつ金沢生まれのレストランで、ドミグラスソースやタルタルソースなど、手作りにこだわった温かみのある味わいが魅力です。

どこか懐かしい、誰もがほっとするメニューがそこにあります。

しっかり食べたい人には、オムライスにエビフライが乗った金沢名物「ハントンライス」がおすすめ!

おじいちゃんやおばあちゃんには、昔ながらのナポリタンやオムハヤシが喜ばれるでしょう。

小さな子どものいるファミリーなら、個数限定ですがお子様ランチの用意もありますよ。

「昔ながらのオムライス」も、お手頃価格で楽しめる定番メニューです。

洋食屋RYO

氷見海鮮丼 粋鮨

家族で何を食べるかなかなか決まらないときは、それぞれが好きなネタを選べる海鮮丼がおすすめです。

「粋鮨(いきずし)」では、富山県の氷見漁港から毎朝獲れたての魚介を仕入れていて、いつでも新鮮なネタを味わえます。

定番のネギトロ丼や鉄火丼はもちろん、サーモン炙り丼やサーモンいくら丼など子どもも喜ぶメニューがたくさんあります。

エビやブリなど多彩な富山湾の海の幸がこれでもかと盛られた「色彩り海鮮丼」は圧巻です。

変わりどころでは、ハワイアンポキ丼やマグロアボカド丼などが人気を集めています。

家族でワイワイ、どれにしようか選ぶ時間も楽しみのひとつになるでしょう。

氷見海鮮丼 粋鮨

鶏料理 ほっこりや

「鶏料理 ほっこりや」は、日本三大地鶏のひとつである秋田県の比内地鶏をフードコートで手軽に味わえるお店です。

滋賀県彦根城下の夢京橋に本店があり、こちらは北陸で唯一の店舗です。

看板メニューの「比内地鶏の親子丼」は、小矢部産のとれたて卵が比内鶏の歯ごたえと旨味をしっかり閉じ込めた極上な一品。

炭火の香ばしさと濃いめにしつらえた醤油のハーモニーが絶妙な「炭焼鶏の親子丼」も人気です。

子どもから大人までおいしく食べられる親子丼は家族連れでアウトレットショッピングを楽しんだあとにぴったりです。

親子丼のほかにも「鶏のカツとじ丼」や「鶏から定食」などがあり、バリエーションも豊かです。

鶏料理 ほっこりや

日本橋 天丼 金子半之助

「日本橋 天丼 金子半之助」は、毎朝、豊洲市場で仕入れる新鮮な穴子、海老、烏賊、半熟玉子などを豪快に盛り付けた、見た目にもボリューム満点な「江戸前天丼」が人気のお店。
高温の胡麻油で揚げた天ぷら、秘伝の丼たれ、ご飯の三位一体の絶妙なバランスを楽しめる逸品です。

ほかにも、カウンターで揚げたての天ぷらとご飯を楽しむ「天ぷらめし」や、ぷりぷりの海老にホワイトペッパー、煎り胡麻を使い、ほどよい塩気でさっぱりとした天むすなど豊富なラインナップ。

落ち着いて食事をしたいという方にもおすすめです。

日本橋 天丼 金子半之助

てらおか風舎

「てらおか風舎」は、自慢の能登牛をはじめ、厳選した地元食材を使用した肉料理レストラン。
ステーキ・ハンバーグなど、お肉の旨味を存分にお楽しみください。

日本海からの潮風と能登里山の豊かな自然で育てられた希少ブランド「能登牛」は、上質な赤身とバランスのとれた脂質の旨味が特徴です。

能登と金沢に、本格肉料理専門店があり、三店舗目の小矢部店は、ステーキとハンバーグを中心にしたカジュアルステーキレストランです。

店内は、50席あるテーブル席で、自慢の「能登牛」をはじめ地元素材を使った肉料理を楽しむことができます。
また、テイクアウトにステーキ弁当などもあるので手土産にもぴったり。

てらおか風舎

名古屋名物 みそかつ矢場とん

「名古屋名物 みそかつ矢場とん」は、名古屋名物の味噌カツのお店。

昭和二十年代初頭の名古屋。終戦直後で物が無かった時代のこと。
雑踏の屋台で飲んでいたお客がたまたま何の気なしにつまみで食べていた串かつを「どて鍋」のタレにドボンと浸して食べてみました。
そして一言「こりゃ~美味い!」 当時下町で徐々に流行りだした串かつの食べ方を「矢場とん」初代店主 鈴木義夫は何とか商品に出来ないものかと、試行錯誤しやっとの思いで秘伝の「みそだれ」を完成させました。

みそかつのテイクアウトも行っているので、天気のいい日に外で食べるのもおすすめです。

名古屋名物 みそかつ矢場とん

杏華

「杏華(キョウカ)」は、伝説の中国飯店 悠好(ニーハオ)の巨匠・王学哲に師事を受け実現した中華料理店。

オリジナル麻婆豆腐、油淋鶏に加え、悠好の味を引き継ぐあんかけ焼きそばなどが、リーズナブルな価格で楽しめます。
中でも人気の麻婆豆腐は、やみつきになる濃厚な旨みが特徴な自慢の一品。
また、激辛、超激辛麻婆豆腐は、辛さの中にも濃厚な旨みが残り、後を引く味わいです。

ボリューム感満載のメニューを、たくさんのお客様が気楽に楽しめる空間です。

三井アウトレットパーク北陸小矢部内のカップルにおすすめのランチ

アウトレットデートをするなら、お昼もスタイリッシュに楽しみたいですね。

ここではデートで行きたいおすすめのお店を取り上げます。

PIZZA SALVATORE CUOMO

「PIZZA SALVATORE CUOMO(ピッツァ サルヴァトーレ クオモ)」は、日本にナポリピッツァを広めた草分け的なイタリアンレストラン。

薄生地なのにモチモチのナポリピッツァは日本人好みの食感で、カップルでシェアするのにもぴったりです。

本格的な窯焼きピッツァにもかかわらず、ランチメニューならサラダバーにデザートバーまで付いてとってもリーズナブル!

ランチタイムは10種類のピザのほかに11種類から選べるパスタメニューもあるため、好みが分かれていても安心です。

見た目にも彩り豊かなイタリアンと赤い石窯が目をひくスタイリッシュな店内は、デートにふさわしい大人の雰囲気を演出します。

食事をすれば、恋人同士の会話もさらに弾むことでしょう。

PIZZA SALVATORE CUOMO

空と、チーズ。

焼きカリーとクリームチーズソフトを主役とする三井アウトレットパーク北陸小矢部のフードコートでも一風変わった存在の「空と、チーズ。」。

アツアツのフライパンに盛られた焼きカレーは、スプーンですくうとたっぷり伸びるチーズによくからみます。

カレーのピリッとした辛さと、チーズのとろけるまろやかさが相性抜群。

さらに「チキンときのこの焼きチーズカリー」や「海老とアボカドの焼きチーズカリー」など、ヘルシーなトッピングが多いのも、女性からおすすめされるポイントです。

2人で食事を楽しんだあとは、デザートにクリームチーズを贅沢に使った冷たいソフトクリームを楽しみましょう。

空と、チーズ。

てらおか風舎

カップルでちょっと贅沢にランチを楽しむなら、能登牛レストランの「てらおか風舎」がイチオシです。

「幻のブランド牛」とまで呼ばれる能登牛は、脂肪の質の良さで賞を獲るほど優れた肉質が魅力。

「てらおか風舎」では、そんな希少な能登牛のステーキやハンバーグが味わえます。

ランチタイムには、お手頃価格の国産牛「里山ランチ」と、小矢部店限定の「能登牛ひつまぶし」がおすすめです。

特に「能登牛ひつまぶし」は、能登牛ステーキを手軽に食べられるメニューとして人気で、肉の旨みを閉じ込めた極上のステーキは絶品です。

こちらは独立した店舗で、テーブル席も50席あります。

広めの席で2人だけの時間をじっくり楽しめるのも、デートで利用したい理由のひとつです。

てらおか風舎

gelato pique cafe

「gelato pique cafe(ジェラート ピケ カフェ)」は、”大人のデザート”をコンセプトに、着心地にこだわったルームウェアを展開する「gelato pique」から誕生したカフェ。

「コンフォートフード」をコンセプトに、お客様一人ひとりの健康と笑顔を一番大切にし、厳選された素材の料理と飲み物を、アイディアの詰まった心地良い空間のもとでいただくことができます。

中でも人気なのは、もちもち生地が特徴のクレープ。甘さ控えめなクリームとの相性は抜群です。

店内は、デートにもぴったりなかわいらしい空間となっているので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

gelato pique cafe

STANLEY CAFE

「STANLEY CAFE(スタンレーカフェ)」は、アメリカ西海岸をイメージしたカフェ。
ボリューミーなもの、ヘルスコンシャスなもの多国籍な料理などもとりまぜてスタンレー流のフード、スイーツも充実。

店内は、wi-fiや充電OKの席、テラス席での食事など、いろいろな目的の方が自由にくつろげるスペースです。

ファミリーから、カップルまでどんなシーンでも利用できるので、ショッピングで疲れた身体を休めるのにもぴったり。

STANLEY CAFE

DONQ ÉDITER

「DONQ ÉDITER(ドンク エディテ)」は、神戸生まれの老舗ベーカリー「ドンク」による焼きたてパンのセレクトショップ。
併設しているカフェで、焼きたてのパンと一緒にカフェメニューも楽しめます。

パリで4年に一度開催される(1996年までは2年に一度)パンのワールドカップ「クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー」。
日本チームも1994年の第2回大会以降、毎回出場していますが、ドンクからも4大会連続で代表選手を送り出しています。

高い技術力が評価される最高峰のパンをいかがでしょうか。

DONQ ÉDITER

香茶

「香茶(シャンチャ)」は、台湾の高級茶葉を中心に厳選した茶葉とこだわりの食材のみで仕上げたタピオカドリンク専門店。
茶葉の鮮度はもちろん、抽出時の湯温や抽出時間を管理し、香りと風味にこだわっています。

厳選した高級茶葉、沖縄黒糖、てん菜糖、増粘剤を使用していない生タピオカで作り上げた最高のドリンクが楽しめます。

甘すぎない香茶のドリンクは、どんな方にでもピッタリの味となっているのでぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

三井アウトレットパーク北陸小矢部内のランチにおすすめの麺料理店

外食の定番といえば麺料理ではないでしょうか。

小矢部のアウトレットパークにも、おいしい麺料理のお店が揃っていますよ。

麺屋つくし

「麺屋つくし」は、富山市に本店を置くラーメンの人気店です。

なかでも、本場札幌で10年修業した店主こだわりの味噌ラーメンは絶品の一言!

ブラックラーメンに代表される醤油系のラーメンが主流の富山において、味噌ラーメンの確固たる地位を築いています。

味の秘密は、店主自ら選び抜いた食材を、焦がしニンニクやひき肉などと強火で香ばしく炒めた濃厚スープにあります。

これに札幌から直接取り寄せているモチモチの玉子ちぢれ麺がよくからみ、芳醇な風味の一杯を生み出しています。

なめらかな味噌の味わいが、ショッピングでちょっと疲れた身体にやさしくしみわたっていくことでしょう。

麺屋つくし

本格中華麺店 光麺TOKYO

東京都内を中心に展開している、1995年創業のラーメンチェーン「光麺」。

三井アウトレットパーク北陸小矢部店は、光麺にとって記念すべき北陸初進出の店舗です。

8~12時間かけて煮出した豚骨スープが自慢で、じっくり熟成させることでにおいを抑え、コクと旨みをしっかり引き出しています。

看板メニューの「東京豚骨醤油 熟成光麺」は、スープの濃厚ながら洗練された後味が魅力です。

ほかにも、豚骨ベースに海鮮醤がよく合っている「魚介系スープ つけ麺」や、コクがありながらもピリ辛の担々麺も人気メニュー。

量が欲しい人は、替え玉や「とろ豚チャーシュー丼」を頼んでみてください。

本格中華麺店 光麺TOKYO

宮武讃岐うどん

ラーメンでは少し重すぎるというときには、さっぱりとしたうどんがおすすめです。

「宮武讃岐うどん」は各地のアウトレットモールをはじめ、東京スカイツリーや成田空港にも出店している人気店です。

讃岐うどんの本場香川県の老舗「宮武讃岐製麺所」と提携していて、製麺所直送の生地を毎日お店で鍛えています。

瀬戸内産の高級いりこを贅沢に使用したダシは、コシの強い麺と絡み合い上品なおいしさに仕上がっています。

オープンキッチンで茹で上げられる讃岐うどんはツルツルしこしこ。

サクサクの天ぷらやふっくらご飯のおむすびなど、サイドメニューも充実しています。

宮武讃岐うどん

三井アウトレットパーク北陸小矢部周辺のおすすめランチ

アウトレット内のお店が混雑していて入れなかったときのために、ここではその周辺のおすすめ店をご紹介します。

フードコート メルヘン田舎

三井アウトレットパーク北陸小矢部のすぐ西隣には、道の駅「メルヘンおやべ」があります。

その中にある「メルヘン田舎」は、もともとは石動駅前で30年間続いていた老舗で、小矢部産の食材にこだわり、約60種類ものメニューを揃える地元でも人気のお店です。

イチオシは、豚骨スープに肉みそを乗せた「おやべホワイトラーメン」です。

卵もお肉も地場産にこだわり、やわらかい味わいの一杯は子どもから大人まで喜ばれています。

ソフトクリームに温泉卵や粉チーズを組み合わせたカルボナーラ風ソフトは、不思議な食感が楽しめます。

食後のデザートに味わってみてはいかがでしょうか。

フードコート メルヘン田舎

8番らーめん 小矢部店

北陸御用達のラーメンチェーンとして人気の「8番らーめん」。

三井アウトレットパーク北陸小矢部のすぐ向かいにも、広々とした駐車場をもつ8番らーめんの小矢部店があります。

野菜たっぷりがスタンダードの「野菜らーめん」は、8の字入りのなるとが乗ってとってもヘルシーです。

お手頃価格の「お子様らーめん」もあり、ファミリーにもおすすめ。

18個入りの「8番餃子[得盛]」を頼めば、友達同士でシェア出来ますね。

がっつり食べたい人にはセットメニューもありますよ。

8番らーめん 小矢部店

少し寄り道しても行きたい!石動駅前のおすすめランチ

三井アウトレットパーク北陸小矢部へは、あいの風とやま鉄道石動駅(いするぎえき)からシャトルバスが運行されています。

ここでは公共交通機関を利用する方や、ちょっと足を延ばしてランチを食べてみたい方のために、石動駅周辺のおすすめランチを取り上げます。

小さなビストロ マルカッサン

あいの風とやま鉄道の石動駅から徒歩1〜2分の静かな路地裏にある「小さなビストロ マルカッサン」。

京都木屋町で修業を積んだ女性シェフの切り盛りする洋食屋さんです。

地元小矢部や富山県で手に入る材料を、巧みにアレンジした独創的なフレンチが人気を集めています。

見慣れた食材を、いつもとはまた違った形で食べられると評判で、いつでも新しい発見と出会いに溢れています。

店内には個室もあり、家族連れやカップルにもおすすめ。

一品ごとにシェフがていねいに説明してくれるので、会話も自然と弾むでしょう。

小さなビストロ マルカッサン

洋食よもぎ坂

こちらは大盤振る舞いのランチメニューで人気の洋食屋さん。

メインディッシュに加え、種類豊富なサラダとドリンクバーが付いて1,000円未満とたいへんお得です。

ボリュームもしっかりしていて、カレーやオムライスなど子どもも大好きなメニューが勢ぞろい。

100円でデザートも追加できるので、家族や友人同士のグループで食後をゆったり過ごすのにぴったりです。

洋食よもぎ坂

まとめ

三井アウトレットパーク北陸小矢部には大きなフードコートがあり、ラーメンから肉料理までさまざまな種類のランチメニューを味わえます。

また、個室店舗には各地の名店が揃っていて、デートなど特別な日を過ごすのにもうってつけでしょう。

すぐ隣には道の駅があり、気軽に食事やテイクアウトのランチを楽しめます。

小矢部市の中心街である石動駅前まで出れば、さらに選択肢は広がります。

三井アウトレットパーク北陸小矢部を訪れるなら、ランチタイムまでしっかりと満喫してくださいね!

※2021年03月26日現在の情報です。内容は変更になる場合があります。