全国のアウトレットモールのイベント・セール・最新情報が満載
空気清浄機

空気清浄機はつけっぱなしがおすすめ?寿命や買い替え時について解説

2022.01.21

Twitter Facebook Pocket Bhatena

「一年中、空気清浄機をつけっぱなしにしている…」今のご時世、そんな方も多いのではないでしょうか。

そんな働きモノの空気清浄機に「寿命=耐用年数」があることをご存じですか?
もしかしたら今お使いの空気清浄機は、すでに寿命を迎えているかもしれません。

今回は空気清浄機の寿命と、買い替えのサインについて解説します。
買い替えを検討する方におすすめの2021年最新空気清浄機もあわせて紹介するので、ぜひご覧ください。

空気清浄機の寿命は何年?

空気清浄機

空気清浄機の耐用年数は、法律で6年間と定められています。
しかし多くの製品は、耐用年数をすぎても使い続けられるほど丈夫です。

実際、販売されている商品の中にはフィルター10年交換不要なものもあり、一般的に空気清浄機の寿命は10年といわれています。
ただしこれはあくまでも目安であって、扱い次第で空気清浄機の寿命は早まってしまうことも…。

ここではどんなことをすると空気清浄機の寿命を早めてしまうのか、その要因についてまとめました。

空気清浄機は24時間つけっぱなしがおすすめ?

結論から言うと24時間つけっぱなしがおすすめです。

短時間稼働していても空気中の汚れをすべて取り除くことはできないという理由で、メーカー側がつけっぱなしを推奨しています。

空気清浄機の寿命が早まる理由

空気清浄機の寿命が早まる理由は、主に以下の3つです。

タバコを吸う

「空気清浄機の寿命は10年」は、1日にタバコ5本程度の煙に含まれる空気の汚れを、集じんした場合が目安になっています。
しかし実際にタバコを吸った場合、著しくフィルターが汚染され、寿命がとても短くなってしまうんです。

とくに喫煙室などで設置された空気清浄機の場合、数カ月でフィルターが寿命を迎えることも珍しくありません。
きちんとフィルターの掃除や交換をしないと、ファンが故障しやすくなり、空気清浄機本体の寿命も早まります。

誤ったお手入れ

フィルターの定期的な掃除は、とても重要です。
製品によってはフィルターのお手入れ方法が異なります。
お手入れの仕方が間違っていると、寿命が縮まる可能性があります。

たとえば、汚れをキャッチする「集じんフィルター」や、イヤなニオイを解消する「防臭フィルター」は、ほとんどの場合水洗いNGです。
それを知らずに水洗いすると、機能が低下して寿命を縮めます。

一方「加湿フィルター」は、水洗いが必要。
水洗いをしないとカビや雑菌が発生し、故障の原因になるだけでなく、健康被害をおよぼす危険性もあるんです。

また誤ったお手入れは寿命を縮めるだけでなく、部品や本体を破損させ、買い替えのタイミングを早めてしまうことも。
フィルターはとくに壊れやすいため、必ず取扱説明書を読んで正しくお手入れしましょう。

部屋が汚い

空気清浄機は吸い込む量が多ければ、それだけ空気清浄機の仕事量は増えて寿命が短くなります。
そのため空気清浄機を使う部屋はできるだけこまめに掃除をし、ホコリが少ない状態をキープするようにしましょう。

こんな症状が出たら寿命のサイン

では、具体的に空気清浄機がどんな状態になったら買い替え時なのでしょうか。
詳しくみていきましょう。

吸い込みが悪い

「花粉が残っている気がする…」「なかなか部屋のニオイがとれない…」
このような場合、フィルターの汚れが考えられますが、掃除や交換をしても改善されないようであれば、ファンが寿命を迎えた可能性が高いです。

フィルターは交換すればある程度改善が期待できますが、ファンの不具合・故障は寿命が近い証しなので、買い替えのタイミングとみていいでしょう。

異音がする

長い間空気清浄機を使っていると、異臭や異音がすることもあるでしょう。
異臭であれば、加湿フィルターのお手入れ不足も考えられますが、異音は部品故障の可能性が高いです。

購入してすぐの場合は修理に出すべきですが、耐用年数が近い場合には買い替えの検討をおすすめします。

電源が入らない

電源を入れて運転しない場合も、寿命と考えるべきです。
「コンセントは抜けていないか」「チャイルドロックが設定されていないか」など、あらゆる要因をチェックしましょう。
それでも電源が入らない場合は、寿命を迎えていると判断できます。

買い替えはメリットがいっぱい

紹介したような寿命のサインが出た場合、「修理をすれば…」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

たしかに購入してすぐの場合は、販売店保証やメーカー保証が適用され、修理費用が安く抑えられるかもしれません。
しかし5~10年近く使用している空気清浄機の場合、修理に出すよりも新しい機種を買った方がトータルで考えると安くすむこともあります。
本体価格もそうですが、省エネで電気代が安くなる場合も。

5年以上使用しているなら、修理するよりも新しい機種に買い換えるのがおすすめです。
以前よりも機能面がアップしたり、電気代の節約も期待できますよ。

買い替えにおすすめの空気清浄機10選

空気清浄機

ここからは、買い替えにぴったりな2021年おすすめの空気清浄機を紹介します。
発売されたばかりの新発売商品もピックアップしましたので、ぜひ購入時の参考にしてくださいね♪

シャープ 加湿空気清浄機 KI-NS50

こちらは、シャープオリジナルの空気浄化技術「プラズマクラスター25000」を搭載した加湿空気清浄機。
空気の汚れを浄化できるだけでなく、静電気を抑えたり、ニオイを分解・消臭したりするのに役立ちます。

二重構造の加湿フィルターで、部屋をたっぷり加湿。
加湿フィルターは防カビ・抗菌機能つきで、10年間交換不要なのもうれしいポイントです。

お手入れは1ヶ月に1回と、メンテナンスがとてもラク!ズボラさんにおすすめです。

自分専用の卓上空気清浄機もプラズマクラスターが良い!という方は、「卓上型の空気清浄機おすすめ7選!ウイルスや花粉対策もばっちり」の記事を御覧ください。
プラズマクラスター付きはもちろん、デザインに凝ったものや静音なものも紹介しています。

ダイキン 加湿ストリーマ空気清浄機 MCK55X

「加湿ストリーマ空気清浄機 MCK55X」は、空調総合メーカーの「ダイキン」が手がける2021年モデルの加湿空気清浄機。

独自の6段階構造のフィルターで空気を清浄し、加湿も3段階構造でタンクの水をきれいにして放出してくれるのが特長です。
パネルをあけずに掃除機を当てるだけでプレフィルター掃除ができ、お手入れが簡単なのも◎。

スクエアフォルム&おしゃれなカラー展開で、どんなテイストの部屋ともマッチするでしょう。

生まれた子のために家の空気はいつもクリーンにしたい…と、赤ちゃんのいる家庭にぴったりの空気清浄機をお探しなら、こちらの記事もおすすめです。

富士通ゼネラル PLAZION® 加湿除菌脱臭機 DAS-303K

低濃度オゾン&プラズマイオンで浮遊ウイルス・カビ菌を除去する「PLAZION® 加湿除菌脱臭機 DAS-303K」。
ペットやタバコなどの気になるニオイも「高速メガフィルターⅢ」ですばやく、しっかり脱臭します。

電力使用量が少ない気化式加湿を採用し、いつでもうるおいのある部屋をキープ。
フィルターはきちんとお手入れすれば交換不要と、コストも抜群です。

三菱電機 空気清浄機 MA-PV90A

こちらはフロントパネル全面で空気を吸い込み、8畳の部屋をわずか7分で空気洗浄できるパワフルな空気清浄機。
高性能HEPAフィルターを搭載し、花粉やハウスダスト、ウイルス、PM2.5などをしっかり抑制してくれます。

また、三菱独自の「プレフィルター自動お掃除機能」も搭載。
自動でプレフィルターを掃除してくれるので、お手入れはダストボックスにたまったホコリを約4カ月に1回捨てるだけでOKです。

「お手入れが面倒…」そんな方におすすめしたい空気清浄機です。

日立 クリエア 加湿空気清浄機 EP-ZN30S

個室用サイズの加湿空気清浄機をお探しなら「クリエア 加湿空気清浄機 EP-ZN30S」がおすすめ。
空気の汚れや花粉、タバコ臭などを取り除きつつ、しっかりうるおいを与えてくれます。

タイマーつき&静音設計で、寝室や子ども部屋にも最適。
リモコン付きなので離れていても操作できます。

気化式加湿のおかげで、加湿による追加電気代がかからないのもGOODですね。

寝室用の空気清浄機を探しているなら、寝室向け空気清浄機のおすすめ記事をどうぞ。部屋に合った選び方や置き場所も記載していますよ。

アイリスオーヤマ 加湿空気清浄機 RHF-404

お手頃価格の加湿空気清浄機をお求めなら、アイリスオーヤマの商品はいかがでしょうか。

「加湿空気清浄機 RHF-404」の特長は、自動運転モードがあること。
空気の汚れに応じて運転が切り替わり、湿度センサーでちょうどいい湿度をキープしてくれます。
面倒な空調管理を自動でやってくれるので、常に快適な部屋を保てます。

また加湿空気清浄機には珍しい加熱式のため、衛生的に加湿できパーツも水洗いできます。
マイナスイオン機能もあり、心地よい空間が得られるでしょう。

パナソニック空気清浄機 F-PXT55

パナソニックからは、2020年11月に発売したばかりの最新モデル「F-PXT55」を紹介します。
こちらはA4サイズのコンパクトサイズながら、適用床面積25畳のパワフルな空気清浄機です。

3つの気流制御技術&センサーを使って、ハウスダストやPM2.5、気になるニオイをしっかりキャッチ。
留守中に自動でホコリを掃除する「留守そうじ」や、「ナノイー」の力で衣類を脱臭する「衣類脱臭」機能も搭載されています。

象印 空気清浄機 PU-HC35

こちらは奥行きわずか12.5㎝で、玄関や寝室にも置きやすいコンパクトサイズの空気清浄機です。
「においセンサー」搭載で、ニオイのレベルに合わせて3段階の運転コースから選べます。

「アレル物質抑制除菌フィルター」を採用し、花粉やダニの死骸など、アレルギー物質を抑制。
生ごみや料理のニオイも脱臭するので、キッチンに置くのもおすすめです。

一人暮らし用のコンパクトなサイズの空気清浄機をお探しなら、「一人暮らしに最適な空気清浄機は?おすすめの空気清浄機7選!」の記事をぜひご覧ください。
デザインが凝っているものやタイマー機能付き、多機能付きなどさまざまな空気清浄機を紹介しています。

maxell オゾネオ エアロ MXAP-AE270

オゾンを使って除菌、消臭、ウイルス除去を行う「maxell オゾネオ エアロ MXAP-AE270」。

部屋干しのニオイやペット臭、介護臭など、気になるニオイを脱臭してくれます。
一年中きれいな空気の中、快適に過ごせるでしょう。

静音性にも優れており、タイマー機能つきなので寝室や赤ちゃんのいるご家庭にもおすすめです。
おしゃれなデザインで、インテリアを邪魔しないのもいいですね。

かわいいいペットのニオイが気になるなら、ペットのいる家庭向けのおすすめ空気清浄機の記事をぜひご覧ください。
ベストな置き場所も記載していますよ。

Blueair(ブルーエア)Sense+ Midnight Blue

ブルーエア社は、スウェーデン発の空気清浄機専業メーカー。
ブルーエア空気清浄機の魅力は、なんといってもデザイン力です。

こちらの「Sense+」はボタンをなくした画期的なデザインで、世界各国のデザイン賞を総なめにした空気清浄機。
操作は本体に手をかざすか、アプリで行います。

粒子イオン化技術と高性能フィルター搭載し、ハイスピードで空気を清潔にしてくれて、機能もばっちり。
カラーバリエーションも豊富で、部屋のインテリアに合わせて選べます。

まとめ

空気清浄機の寿命(耐用年数)は法律だと6年ですが、メーカーでは10年程度と寿命とされています。
そのため、6~10年がおおむね空気清浄機の寿命と考えてよいでしょう。

しかし使い方や掃除の頻度によって、それより前に寿命を迎えることもあります。
とくに5~10年使っている空気清浄機で「吸い込みが悪い」「異音がする」という症状が出たら、買い替えのタイミングだと判断しましょう。

修理するのもいいですが、月日のたった空気清浄機は買い替えた方がお得です。
電気代節約にもなりますよ。

寿命を迎えそうな空気清浄機をお持ちの方は、この機会にぜひ新しい空気清浄機に買い替えてみてはいかがでしょうか。

※2022年01月21日現在の情報です。内容は変更になる場合があります。